アパレルOEM/ODMは自社縫製工場があるテラオエフへ

カテゴリー:アパレルOEM

事例紹介(5)
来料加工や仲介貿易(三国間貿易)にも対応!貿易関係のノウハウもあります

ご依頼主 アパレルメーカー様
ご依頼内容 ブランド展開をしていきたいのでOEM生産をお任せしたい
喜んでいただいた点
  • 1. 生産を全面的にサポートしてもらえる
  • 2. 品質基準やロット数にあった最適な生産方法を提案してくれる
  • 3. 貿易関係のノウハウがあり、中国の生地の情報なども教えてくれる
エピソード

来料加工や仲介貿易(三国間貿易)でのOEM生産対応をさせていただきました

ご依頼いただいたのは、高級メンズカジュアルオールアイテムのアパレルOEM生産でした。
ロット数や品質基準、資材などの事情を考慮した結果、国内の資材を中国で生産する来料加工や、アメリカ企業の資材(中国産)を中国で仕入れて加工し日本へ送る、仲介貿易(三国間貿易)を行って対応させていただきました。

貿易関係のノウハウがあります

弊社には生産管理能力だけではなく、来料加工や三国間貿易など貿易関係のノウハウもあります。
また、独自の低コスト(貨物船)高速輸送ルートで物流コストも抑えることが出来るため、
輸送費用なども含め最低限のコストで品質基準にあった最適な生産方法を選んでいただくことが可能です。
いろんな選択肢がある中で、お客様にとって最適な生産方法をご提案させていただき、品質、コスト、納期、全てのバランスが取れていると喜んでいただいております。
お客様には、品質とコストのバランスをご評価いただき、その後も多数ブランド展開の成功に貢献させていただいています。

その他の事例紹介ページ

テラオエフのスタッフブログ アパレル4カ国語専門用語辞書
株式会社テラオエフ